おとのたね♪親子で気軽にクラシック~0歳からのファミリー・クラシック・コンサート

小さなお子様がいるとなかなか出かけられないクラシックコンサート。 お子様のためにも子育てのリフレッシュのためにも、子どもと一緒に音楽を楽しみたい・・・そんな想いを受けて生まれた「おとのたね♪」です。

Entries

東日本大震災復興支援金 寄付のご報告 ~5/4チャリティーコンサート収益金&募金~

5月4日に横浜市都筑公会堂で開催いたしました

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
親子で気軽にクラシック♪0歳からのファミリークラシック・コンサート 
~ささえよう!ささえあおう!  みんないっしょに笑顔になろう~
チラシ1版ブログ用


このチャリティーコンサート収益金と皆様からお預かりしました募金の合計136,786円
お子様やそのご家族様への復興支援活動をされている、以下三つの団体へ寄付させていただきました。

大変遅くなりましたがご報告させていただきます。



セーブ・ザ・チルドレン緊急援助基金   ¥100,000
セーブ・ザ・チルドレン義援金

Save the Children JAPAN

セーブ・ザ・チルドレンは、国連に公式に承認された、 世界最大のネットワークを持つ子どもたちのための民間の国際援助団体(NGO)です。
通常の寄付金は、世界中の、特に戦争や武力紛争、貧困、飢饉及び災害等によって教育の機会が失われる子どもたちの援助等に使われています。
東日本大震災の後、「東日本大震災 地震・津波災害の被災者支援に対する寄付の受付」が開始され、その寄付金は被災地各地で「こどもひろば」の開設、新入生へのランドセルや文具の配布、おもちゃの配布、GW中のイベント、仮設トイレの設置やワークショップ等、様々な支援活動に生かされています。(同HP活動レポートより)

子どもたちのために必要な色々なサポートを大きな力で活動している団体と思い、募金の目標額を寄付させて頂きました。





株)マスタージーベックH2Hプロジェクト    ¥18,786

H to Hプロジェクト 

Heart to Heartプロジェクト
          Smile for birthday

被災地で誕生日を迎える子どもたちに、バースデーケーキを届けよう!

当初の目標以上の金額が集まり、他にも子どもたちのための復興支援活動の役立てられないか団体を探しているときに、読売新聞の記事が目にとまりました。
     「誕生日にケーキを」
 この当たり前の事すら出来ない親の辛さ、子どもの寂しさ。
   それが叶った時の、子どものとびっきりの笑顔、それを見る親の喜び。

これこそ、子どもに喜びを与えると同時に大人に癒しと活力を与えてくれる活動と思いました。
「おとのたね♪」がそうありたいと常に思っていることです。

こちらの企画を考え付いた平 了(たいら りょう)さんのブログはぜひ読んでいただきたいと思います。
ご自身も二児のパパです。震災直後からガソリンや食料の調達、200頭近いペットの預かり、ドライアイスの調達、今はスコップ団を率い、1日に何件もの家を回り、津波でぐちゃぐちゃになった家をきれいにしています。
本当にきれいにしています。
 こちらをクリック

 こちらもクリック
あ~、もう、平さんのここまでの活動、すべて読んでほしいと思います。
本当に素晴らしい方だと思います。
被災地にケーキを  smile4birthdayB.jpg


一般社団法人 全国住環境改善事業協会(支援物資中継基地)   ¥18,000
スズコー義援金

支援物資中継基地スズコー

震災直後から行政などを通じて支援物資提供の呼びかけや受け入れがありましたが、その多くは「支援物資指定10品目」など、制限されていました。
被災地では物資が足りないのに、様々な事情で受け入れ拒否などもありました。
そのことを知った(社)全国住環境改善事業協会(JJK)代表理事、株式会社スズコー社長 岩倉春長氏は、民間の力で支援活動をするべく、自社内に「支援物資中継基地」を作り、日用雑貨や生活必需品をダイレクトに被災者へ届けるための直送運搬便を仕立てました。
直送するのは、福島原発半径20km県内にお住まいでいらした玉川工務店社長 玉川光昭さんです。
玉川さんご自身も被災者で、奥様と4人のお子様の事を思い苦渋の決断で横浜へ避難され、被災地のために物資を運んでいます。

当初、このチャリティーコンサートでは支援物資のご提供も募る予定でいました。
小さなお子様のいらっしゃる家庭ではサイズアウトした衣類や使わなくなったおもちゃなど、自分の家では不要だけど被災地では役立つ物があるに違いないと思ったからです。
そして、スズコー様に集めた物資を届けようと思っていたのですが、チャリティコンサート開催決定の4月上旬から下旬までの間に、必要な支援物資の内容が日々刻々と変わっていきました。(例えば冬服から夏服など)
また、4月末時点で中継基地倉庫がいっぱいになり受けれ入れが難しいとの報告も聞かれ、
コンサート告知から開催までの間に、皆様に適切な物資提供のご案内が出来ずに、結果、断念することとなりました。
そこで、少しではありますが、支援金を送ることにしました。


ガソリン代、高速代、物資調達など…こういった資金を民間は支援金が届くまで自腹で払っていらっしゃいました。
支援金が届かなくなった時にはまた自腹で活動されていくのでしょう。

義援金も大切ですが、
実際に動いて下さる方々への支援金の方がすぐに被災地の方々への役に立つと思い、
集まった金額のすべてを今回は支援金として寄付させていただきました。 

上記の三団体を選んだ理由ですが、
皆様からお預かりした大切な支援金ですので、活動内容がよくわかる団体、
そして、おとのたね♪代表簗取がその活動に共感、感動し、実際に対応させていただき、安心してお任せできると感じた団体でございます。
「おとのたね♪」に皆様からのお気持ちをお預け下さりほんとうにありがとうございました。


各地で復興の兆しが見え始め、そのような報道も良く見かけます。
それに伴い、
首都圏に住む私の周りでは、節電や原発問題は話題になりますが、支援活動についての話題はあまり聞かれなくなりました。

上記、寄付先のご紹介文章内に、それぞれの活動リンクが張ってあります。
そちらをご覧になると、今現在も、多くの支援活動がなされています。
何年にもわたる支援がまだまだ必要な状態です。

「おとのたね♪」では、今後も、
支援に協力できるような活動をしていきたいと切に願っております。


最後に、5月のチャリティーコンサートの支援金を
この時期に寄付しましたこと、ご報告が遅れましたことに深く深くお詫び申し上げます。
支援金を託して下さった皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

すぐに行動とご報告が出来ず、本当に申し訳ありませんでした。


皆様の温かい気持ちに心より感謝申し上げます。


2011年6月9日 
おとのたね♪代表 簗取洋子
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

詳細はこちらをクリック

おとのたね♪

Author:おとのたね♪
0歳の赤ちゃんから聞くことのできる♪親子で気軽にクラシック・ファミリーコンサートを開催しています「おとのたね♪」です。代表はソプラノ歌手簗取洋子です<(_ _)>

次回コンサートのご案内

●2017年7月8日(土)
0さいからのクラシックコンサート
詳細はこちら
・11時~/14時~(2回公演)
・逗子文化プラザなぎさホール
主催:葉山っ子すくすくパラダイス様

●2017年7月22日(土)
創立60周年記念
西区子ども大会わくわくコンサート

・横浜市西公会堂
入場無料
詳細後日
主催:西区子ども会育成連絡協議会様

●2017年11月20日(月)
母と子のコンサート
・聖マリア幼稚園

メールフォーム

コンサート・演奏依頼、承っております♪
お気軽にお問い合わせくださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

FC2カウンター

右サイドメニュー

FC2ブログランキング

QRコード

QR

検索フォーム